連載
» 2008年05月21日 08時00分 UPDATE

連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業:SaaSは2012年には進化形「XaaS」へ (1/2)

SaaSはプラットフォーム、ストレージ、CPU処理能力など、バラエティに富んだ機能がインターネット経由のサービスとして展開されるXaaSに進化する。

[ノークリサーチ,ITmedia]

 ソフトウェアの「所有」は負担を生じさせる一方で、自社業務への適合度合の高いカスタマイズを実現してきた。そしてSaaSも、提供ベンダーのスキルが高ければカスタマイズに伴う保守性や所要時間の条件を満たした上で、パッケージと同程度の広範囲の機能についてカスタマイズが実現できるといわれている。

「作るシステム」から「作らないシステム」へ

 しかし、ユーザー企業がカスタマイズを要求する時点でソフトウェアの所有から利用へという革命的なパラダイムシフトの恩恵を全面的に受けられているとはいえなくなる。

 ここでの本質は、ユーザー企業が細分化した機能から業務に適合したシステムを自らマッシュアップできるようになることであるからだ。それは同時にオーバーシュートしたパッケージと決別し、ピンポイントで要求を満たすITの利用にもつながる。

 「作らないシステム」利用の実現には、肝心の細分化した機能が出そろっているわけではないためいますぐとはいかないものの、将来的なIT利用の理想像を反映しているはずだ。

 単なる「ネット上のオンラインショップのようなソフト提供」はとても「SaaS」とはいえないのである。

nork41.jpg 作らないシステムのイメージ

XaaSの誕生

 SaaSを皮切りに将来的にはXaaSと表現される広義のサービス形態が誕生することになる。それは従来のホスティング・サービスに見られるサーバのレンタル・サービスに加えプラットフォーム、ストレージ、CPU処理能力など、バラエティに富んだ機能がインターネット経由のサービスとして展開されることを指す。

 しかしSaaSについて、まずは提供ベンダーが名乗りを上げないことには発展がみられない。とりわけ実績のあるパッケージベンダーが「企業が欲しい製品・サービスをSaaS対応」しないことには成立しない。パッケージベンダーが相対的に薄利多売なSaaSモデルへとビジネスモデルを変革するには時間が要求される。

 そして肝心のSaaS型ソフトウェア開発についても、クラサバ型ソフトウェアのインタフェースをブラウザベースに変更するには莫大なコストもかかり、開発期間も改めて必要とされる。

オススメ関連記事 -PR-

「手軽に導入できるSAP」を中堅企業に届ける

「SAPはハードルが高い」というイメージが払拭されつつある。長期的な費用を考慮すると、SAPは実は安価と考え、SAP Business All-in-Oneを導入する中堅企業が増えている。SAPが提供する実現機能確認シートに注目だ。一覧をチェックすれば購入前に費用の詳細が分かる。機能追加の際の費用も「見える化」できる。


なぜSAP ERPを導入するのか――女性衣料品通販ピーチ・ジョンの場合

ピーチ・ジョンは、女性向け下着などのカタログ通販で人気を集める。ピーチ・ジョンが、2009年の稼働を目指してSAP ERP導入プロジェクトに取り組んでいる。ネット販売店舗が急拡大し、継ぎ足すように対応してきたシステムをSAPでどう変えていくのか。2007年11月のワコールの完全子会社化に伴い内部統制強化も課題となっている。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -