ニュース
» 2008年05月27日 17時32分 UPDATE

中小企業向け:ZimbraなどOSSをSaaS形式で提供するポータルを開設――アセント

アセントネットワークスは、顧客管理や電子メールのオープンソースソフトウェア(OSS)をSaaS(サービスとしてのソフトウェア)形式で提供するためのポータルサイトを開設した

[怒賀新也,ITmedia]

 インターネットサービスを提供するアセントネットワークスは5月27日、都内で記者発表会を開き、顧客管理や電子メールのオープンソースソフトウェア(OSS)をSaaS(サービスとしてのソフトウェア)形式で提供するためのポータルサイトを開設したと発表した。初期費用を抑えられるSaaSの利点を生かし、大規模システム導入が難しい中小企業を対象に売り込む。

 ポータルサイト名は「Pepbiz.jp」。コミュニケーションツールとして電子メールソフトの「Zimbra」をはじめ、Web会議の「dim dim」、情報系として「TinyERP」「KnowledgeTree」「Dot Project」、顧客管理ではCRM(顧客情報管理)の「SugarCRM」「vTigerCRM」、ライブチャットの「Supportsuite」、ホームページ構築ではCMS(コンテンツ管理システム)の「Joomla」、ネット店舗を制作する「Virtuemart」の10種類のOSSを提供する。現状はSupportsuiteを除いてすべて無償版。

 同社はソフトウェアを日本語化した上で、コンサルティングおよびホスティングサービスを提供する。ソフトウェアの導入初期設定費は無料で、運用保守を含めた月額金額をアカウント数、ディスク容量に応じて導入企業に課金する。日本語マニュアルとWeb会議ツールを利用した3時間の教育プログラムを無償で提供する。Zimbraを10Gの容量の場合で4500円から利用できるなど、コスト面の利点を強調する考えだ。

 データセンターは、自社ではなくパートナー企業のサービスを利用している。パク・セヨン社長は年間目標として「顧客企業1000社、売り上げ月額2100万円を達成したい」と話している。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

オープンソース | OSS | SaaS | CMS | CRM | 無料 | ポータル | SugarCRM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -