ニュース
» 2008年05月30日 08時11分 UPDATE

早期の対応を呼びかけ:Samba 3.0.30が公開、深刻な脆弱性に対処

脆弱性を修正したSamba 3.0.30が公開された

[ITmedia]

 オープンソースソフトウェアSambaのバージョン3.0.30が5月28日付で公開され、セキュリティ企業のSecuniaが指摘していた脆弱性に対処した。

 Sambaのアドバイザリーによると、この脆弱性はSMBレスポンスを解析する際の境界エラーが原因で、バッファオーバーランが誘発される可能性がある。細工を施したSMBレスポンスを使って悪用することが可能になる。

 影響を受けるのはSamba 3.0.xの全リリース。Sambaチームはできるだけ早期のアップグレードまたはパッチ適用を呼びかけている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Samba | 脆弱性 | オープンソース | パッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -