ニュース
» 2008年06月04日 11時57分 UPDATE

5月のウイルス検出数は微減――IPA調査

5月ウイルスの検出数は約20万個で、4月の約20.6万個から3.3%減少した。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)は6月3日、5月度のコンピュータウイルスおよび不正アクセスの届出状況を公表した。

 5月度のウイルスの検出数は約20万個となり、4月度の約20.6万個から3.3%減少した。検出されたウイルスは「W32/Netsky」が約18万個で最多となり、以下「W32/Mywife」(約6000個)、「W32/Mytob」(約4700個)が続いた。

 不正アクセスの届出は4件となった。具体的には、SQLインジェクション攻撃によるデータベースの改ざん、サーバを遠隔操作できるソフトウェアの悪用によるWebサイトへの不審なファイルの埋め込み、なりすましによるネットオークションへの出品、サービス妨害(DoS)攻撃だった。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -