ニュース
» 2008年06月05日 08時30分 UPDATE

アップデートかキルビット設定で:HP、インスタントサポートの脆弱性に対処

HPインスタントサポートのActiveXコントロールに脆弱性があり、リモートでコードを実行される恐れがある。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は6月3日、インスタントサポートのActiveXコントロール(HPISDataManager.dll)の脆弱性に対処するアップデートを公開した。

 脆弱性があるのはWindows版のHP Instant Support HPISDataManager.dll 1.0.0.22とそれ以前のバージョン。悪用されるとリモートで任意のコードを実行される恐れがある。Instant Supportを使っていてもいなくても影響を受けるという。

 HPは、この脆弱性に対処したアップデート版のInstant Support 1.0.0.24を公開。脆弱性のあるActiveXコントロールのキルビットを設定する方法でも問題を回避できるとして、Webサイトで方法を解説している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

HP | 脆弱性 | ActiveX


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ