ニュース
» 2008年06月06日 13時58分 UPDATE

大量のトランザクションにも対応:ヤフーのデータベースを監視する「iTres」、CTCが発売

ヤフーが自社向けに開発した情報漏えい監視システムをCTCが発売する。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は6月5日、ヤフーが開発した情報漏えい監視システム「iTres」を発売した。

 iTresは、データベースに対するすべてのアクセス情報をリアルタイムに監視する製品。不正アクセスなどが起こった場合、設定したセキュリティポリシーに応じて、データベース管理者や社内関係者に知らせる機能を持つ。「ヤフーのサービスで発生する膨大なトランザクションに対応する能力を持ち、パフォーマンスを低下させずに監視できるのが特徴」(同社広報)という。

 同システムは、ヤフーが自社のデータベースを監視し、外部ユーザーによる不正アクセスやデータの改ざん、持ち出しから守るために開発したシステム。情報技術セキュリティの国際標準規格である「ISO/IEC15408 情報技術セキュリティ評価基準」(ISO15408)の認証を取得している。

 CTCは、自社でデータベースを持つサービスプロバイダーやコンテンツプロバイダーなどに売り込む。価格は330万円。システムの導入、構築、保守などは別途費用が必要となる。関連製品を含めて初年度に1億円の売り上げを目指す。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -