ニュース
» 2008年06月10日 11時15分 UPDATE

違反メールの監査を強化:センドメール、電子メール統合監視ツールの最新版を発売

センドメールは、サーバ側での暗号化機能やセキュリティルールに違反する送信メールを効率的に管理する機能を搭載した「Mailstream Manager 3.0」を発売した。

[ITmedia]

 センドメールは6月10日、電子メールセキュリティの統合監視ツール「Mailstream Manager 3.0日本語版」を発売した。電子メールの監査機能や暗号化処理機能を向上させている。

 新製品は、電子メールの添付データをサーバ側でパスワード付きZipファイルに自動変換する機能を追加したほか、管理者の権限に応じて使用できる機能を設定する機能を搭載した。従来は暗号化処理をクライアント側でする必要があり、操作の手間から暗号化ルールが徹底されないなどの課題があった。新製品ではこのような課題に対応した。

smmmgt30.jpg インシデントの発生状況を把握できる管理画面

 さらにオプションとして、電子メール本文をサーバ側でS/MIME方式で自動的に暗号化する機能や、セキュリティポリシーに違反した疑いのある電子メールを自動的に隔離する機能も提供する。管理者は、違反内容の種類や送信者、隔離後の対応状況を容易に把握できるようになるという。

 製品価格はオープンで、Linux版を6月16日から、Solaris版を7月21日からそれぞれ出荷する。同社では販売初年度に4億6000万円の売り上げを見込んでいる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

sendmail | 暗号化 | メールセキュリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -