ニュース
» 2008年06月16日 08時40分 UPDATE

アップデートされない事象:MSの月例パッチ適用で一部に問題、アドバイザリーが公開

影響を受けるのは「System Center Configuration Manager(ConfigMgr) 2007」を使っている場合のみ。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月13日、日本時間11日にリリースした6月の月例セキュリティ更新プログラム適用に関して一部で問題が見つかったとして、アドバイザリーを公開した。

 影響を受けるのは、システム管理ソフトウェアの「System Center Configuration Manager(ConfigMgr) 2007」を使っている場合のみ。旧製品の「System Management Server(SMS) 2003」のクライアントにセキュリティ更新プログラムを適用する場合に問題が発生する。

 これに該当する環境では、Inventory Tool for Microsoft Updates(ITMU)を使ってSMS 2003クライアントに6月の月例アップデートを適用することができないという。それ以外の検出および導入技術には影響はないとしている。

 Microsoftはこの問題について調査を完了後、解決のための適切な措置を取る方針。それまでの間、6月のアップデートはConfigMgr 2007のSoftware Distributionを利用することで適用可能になるとして、アドバイザリーで方法を解説している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -