ニュース
» 2008年06月18日 20時02分 UPDATE

MVNOサービス化へ:日本通信、NTTドコモとレイヤ3接続で基本合意

接続料金や開始時期などについて基本合意した。帯域幅料金は10Mbps当たり月額1500万円程度で、IDごとに月額110円程度となるという。

[ITmedia]

 日本通信は6月18日、NTTドコモとFOMA網を使用したMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスで基本合意したと発表した。早期のサービス化につなげる。

 両社ではMVNOサービス実現に向け、2月14日にレイヤ2での相互接続で基本合意し、4月1日には開発契約などを締結していた。今回はレイヤ3接続における接続料金や開始時期などについて合意し、7月末をめどに接続を完了する予定。

 接続料金の水準は、帯域幅料金で10Mbps当たり月額1500万円程度、1IDごとでは月額110円程度のコストが掛かる見通しだという。日本通信では接続完了後に、MVNO方式による通信サービスの提供を目指すとしている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

日本通信 | MVNO | NTTドコモ | レイヤ3


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -