ニュース
» 2008年07月02日 15時57分 UPDATE

システム規模に合わせて:富士通、セットアップを済ませたブレードシステム4種類を発売

富士通は、ブレードサーバにソフトウェアや構築支援サービスを組み込んだ中規模システム向けのブレードシステムを発売した。

[ITmedia]
image かんたんブレードセット コンパクトモデル

 富士通は7月2日、中規模システム向けのブレードシステム「かんたんブレードセット」を発売した。

 同製品は、中規模のシステムに適したPCサーバ「PRIMERGY」のブレードサーバ、ソフトウェア、構築支援のサービスを合わせたセットモデル。ソフトウェアのインストールやネットワーク設定などのセットアップ作業を完了した状態で提供する。これまで設定に必要としていた約1週間の期間を削減できる。

 かんたんブレードセットは4種類。「ベースモデル」は、ブレードサーバを3台搭載した最小構成モデル。「コンパクトモデル」は、16Uサイズの低騒音型ラックにブレードサーバとバックアップ装置のLTOライブラリを搭載したモデル。100ボルトの電源に対応している。「バックアップモデル」は、ベースモデルにLTOライブラリを追加した構成。「自動リカバリーモデル」は、故障時に自動で切り替えができる予備のサーバを搭載したモデルとなる。

 価格は以下の通り。富士通はPRIMERGYシリーズで、2008年度末までに9万5000台の販売を目指す。

セット名 キャンペーン特別価格(税別、9月30日まで) 出荷時期
ベースモデル 265万2400円より 2008年8月中旬
コンパクトモデル 432万7100円より 2008年8月中旬
バックアップモデル 625万6500円より 2008年8月中旬
自動リカバリーモデル 845万6400円より 2008年9月中旬

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

ブレードサーバ | 富士通 | PRIMERGY


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -