ニュース
» 2008年07月04日 09時22分 UPDATE

日立とOKIが提供:七十七銀行、口座から電子マネー「Edy」への入金機能を導入

プリベイト型電子マネー「Edy」を利用できる携帯電話の利用者が、銀行口座からEdyの入金が可能になる。

[ITmedia]

 日立製作所と沖電気工業(OKI)は7月3日、電子マネーのチャージ(入金)ができるサービスを七十七銀行に提供すると発表した。

 2社が展開する金融機関向けASP(ソフトウェアの期間貸し)サービス「ネットバンキングEdyチャージサービス」を、8月から七十七銀行に提供する。プリベイト型電子マネー「Edy」を利用できる携帯電話のユーザーは、銀行口座からEdyの入金が可能となる。

 日立の「ネットバンキング共同センタサービスFINEMAX」とOKIの「Edyチャージソリューション」を連携したもの。ASP形式で提供するので、金融機関はネットバンキングシステムに大きな開発を加えずに、Edyへのチャージ機能を短期間で構築できる。

 七十七銀行はEdyの利用拡大を受け、電子マネービジネスへの参入を検討していた。既存のモバイルバンキングシステムの変更を最小限に抑え、短期間でEdyチャージサービスを開始できる点を評価して採用を決めた。

image ネットバンキングEdyチャージサービスの概要

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -