ニュース
» 2008年07月07日 08時50分 UPDATE

新iPhoneの発売タイミング:Appleを装う新たな詐欺メールが流通

Appleからの電子メールを装い、ユーザー情報をだまし取ろうとする手口が見つかった。

[ITmedia]

 3G版iPhoneの発売を前に、Appleストアからの通知を装った詐欺メールが出回っているという。セキュリティ企業のTrend Microがブログで伝えた。

aplphis.jpg 新たに発見された偽のAppleストアサイト(Trend Microから)

 詐欺メールはAppleが6月に3G版のiPhoneを発表した後、実際に発売される直前のタイミングを突いたものとみられる。送信者名でAppleの名をかたり、件名は「Billing Problem」(決済問題)。本文では「あなたの決済を処理できませんでした。今すぐ決済情報を更新してください」などの文面で、リンクのクリックを促す。

 リンク先はAppleストアのデザインを真似たフィッシング詐欺サイトになっており、ユーザーのクレジットカード番号、住所、社会保障番号などを入力する欄がある。ここでだまされて入力すると、その情報を使ってAppleストア、iTunesストア、iPhoneなどを不正利用されたり、クレジットカード情報を盗まれる恐れがある。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Apple | 詐欺メール | iPhone | 偽サイト | Mac


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ