ニュース
» 2008年07月07日 08時55分 UPDATE

Novell、eDirectoryの修正パッチ公開

eDirectory 8.7.3.10と8.8に任意のコードを実行される脆弱性が存在する。

[ITmedia]

 NovellのeDirectoryに任意のコードを実行される脆弱性が見つかり、修正パッチが公開された。

 Novellやセキュリティ企業Secuniaのアドバイザリーによると、脆弱性があるのはeDirectory 8.7.3.10と8.8で、全プラットフォームが影響を受ける。

 脆弱性はds.dlmの整数オーバーフロー問題に起因する。悪用されると攻撃者が細工を施したパケットをデフォルトのTCPポート524番に送りつけ、任意のコードを実行できるようになる。

 NovellはeDirectory 8.7.3 SP10bと8.8.2 ftf2でこの問題に対処した。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Novell | 脆弱性 | パッチ | Secunia


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -