ニュース
» 2008年07月08日 13時56分 UPDATE

分析時間は1〜2日:ファイルサーバの利用状況、丸紅情報が無償で分析

丸紅情報システムズは、ファイルサーバの利用状況を分析するサービスを無償で提供する。期間は7月9日から9月30日まで。

[ITmedia]

 丸紅情報システムズは7月8日、ファイルサーバの利用状況を分析するサービスを無償で提供するキャンペーンを実施すると発表した。期間は7月9日から9月30日まで。

 同キャンペーンは、複数のファイルサーバに保存しているファイルの種類、数量、容量、利用状況などを調査し、調査範囲内のファイルサーバにどのようなデータがあるかを分析するサービス。分析結果を示したリポート、調査環境の課題を解決する運用方法、ストレージ技術などのコンサルティングサービスを無償で提供する。

 調査対象のファイルサーバのファイル名、拡張子、サイズ、作成日、更新日、アクセス日、所有者などのデータを収集する。ファイルサーバとネットワークに負荷をかけない仕組みを取っており、調査にかかる時間は平均1〜2日。調査開始から約2週間後には分析リポートを提供できるという。

 同サービスは、デジベリーが提供するストレージ容量の増加を予測しリポートで提供する「ファイルセンサス・アセスメントサービス」に、丸紅情報システムズが提供するストレージやバックアップのコンサルティング機能を付加したもの。

 申し込みができるのは、ファイルサーバの合計容量が5テラバイト以上の企業。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

ファイルサーバ | 丸紅 | ストレージ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -