レビュー
» 2008年07月11日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:企業基幹系システムにおけるLinuxの真の実力を評価する

企業IT基盤において処理能力を増強する2つの方策において、Linuxはどのような役割を果たすのか。どちらの方策が適しているのか比較し、最終的な結論を導き出す(提供:レッドハット)。

[PR/ITmedia]

 企業IT基盤において、処理能力を増強する方策として2つの考え方が語られる。1つはサーバ台数増加による処理能力増強を目指す「スケールアウト」、もう1つがサーバ自体の能力を向上させて処理能力を増強する「スケールアップ」だ。

 概して、「Linuxはスケールアウト環境向きであり、スケールアップには不向き」といわれるが、果たして本当にそうだろうか。このホワイトペーパーでは、元ガートナージャパンの筆者がスケールアウト/スケールアップそれぞれの適用分野、サーバOSの要件をあらためて定義した上で、両者の環境でLinuxを評価し、この論争に新たな光を投じる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -