ニュース
» 2008年07月11日 08時26分 UPDATE

任意のコード実行の恐れ:Apple TVのアップデート公開、深刻な脆弱性に対処

Apple TV 2.1のソフトウェアアップデートでは6件の脆弱性に対処した。

[ITmedia]
appletv.jpg Apple TV

 米Appleは7月10日、Apple TVのソフトウェアアップデートを公開し、任意のコード実行につながる深刻な脆弱性に対処した。

 Appleのセキュリティ情報によると、Apple TV 2.1で修正した脆弱性は6件。動画ファイルの処理に関する問題が3件、QuickTimeコンテンツに関する問題が2件、PICT画像処理に関する問題が1件となっている。

 いずれも悪用された場合、細工を施した動画ファイルやQuickTimeコンテンツ、PICT画像を閲覧・再生すると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードを実行される恐れがある。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Apple | Apple TV | 脆弱性 | QuickTime


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -