ニュース
» 2008年07月24日 17時10分 UPDATE

ラック、ネットワークのセキュリティ監視サービスを拡充

10Gbpsの広帯域トラフィックへの対応やIPS(不正侵入防御)の機能強化などを図る。

[ITmedia]

 ラックは7月24日、ネットワークのセキュリティ監視・運用サービス「マネージド・セキュリティ・サービス」に10Gbpsの広帯域ネットワーク対応や中小企業向けIPS(不正侵入防御)の分析機能のメニューを追加すると発表した。

 新サービスでは、10Gbpsの広帯域ネットワーク対応したMcAfee製のIPS機器「Network Security Platform」を使用して、データセンターやサービスプロバイダなどの高速かつ膨大な量のデータ転送が行われる企業ネットワークを保護する。さらに、IBMやCiscoの機器にも順次対応する予定だという。

 中小企業向けの「UTM24+」サービスでは、IPSの運用管理機能にセキュリティログの分析機能を追加する。UTM(統合脅威管理)装置の稼働監視やメンテナンス、リポート、障害対応などに活用でき、専任のセキュリティ管理者を置くことが困難な企業でもネットワークセキュリティの強化を図ることができるという。

 新メニューは9月1日から開始する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -