ニュース
» 2008年07月29日 11時49分 UPDATE

詳細は非公開:NetAppのストレージOSに複数の脆弱性

リモートで任意のコードを実行したり、システムをクラッシュされたりする恐れがある。

[ITmedia]

 NetAppのストレージOS「Data ONTAP」に複数の脆弱性がに見つかり、US-CERTやJPCERTコーディネーションセンターが注意を呼びかけた。脆弱性の詳報は明らかにされていない。

 JPCERTコーディネーションセンターによると、これらの脆弱性により、リモートからの任意コマンドの実行や、ログファイルや機密情報の盗聴、システムクラッシュといった攻撃を仕掛けられる恐れがある。

 NetAppは、Data ONTAP 7.0.7、同7.1.3、同7.2.5.1でこれらの脆弱性に対処したといい、ユーザーにアップデートを呼びかけている。なお、一部の脆弱性はhttpd.admin.access などのアクセスコントロールを利用することで、脅威を回避できる可能性があるとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

NetApp | 脆弱性 | ストレージ | JPCERT/CC | US-CERT | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -