ニュース
» 2008年08月01日 14時18分 UPDATE

導入負担を軽減:純国産ファイアウォール、JP-Secureが新製品

JP-SecureはWebアプリケーションファイアウォール「SiteGuard」を発売した。

[ITmedia]

 ジェイピー・セキュアは8月1日、Webアプリケーションファイアウォール「SiteGuard」を発売した。導入や運用の手間を軽減するという。

 新製品は自動更新に対応した独自のシグネチャベースの防御機能を搭載し、初期設定や運用管理の簡素化を図った。脅威の内容などを自己学習する「パラメータ検査機能」を持ち、自社アプリケーションに対応したホワイトリストの作成もできる。

 同社によれば、開発を国内で行い、管理画面やマニュアル、サポートなどを日本語で提供するという。価格は初年度178万円、更新価格は53万4000円。販売初年度に1億円の売り上げを見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

運用管理 | ファイアウォール


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -