ニュース
» 2008年08月06日 15時58分 UPDATE

トレンドマイクロ、VMwareを利用した仮想アプライアンスを提供

トレンドマイクロはゲートウェイ向けの仮想セキュリティアプライアンスを2008年第4四半期に発売する。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは8月6日、VMwareの仮想化製品を利用したゲートウェイ向け仮想アプライアンス「Trend Micro InterScan Web Security Virtual Appliance」と、「Trend Micro InterScan Messaging Security Virtual Appliance」を2008年10月〜12月期に発売すると発表した。

 仮想アプライアンスは、設定済みのOSのインストールイメージとソフトウェアをセットで提供し、仮想化環境を利用することでハードウェアを効率的に使用できる製品する。導入後すぐに運用を開始でき、OSやソフトウェアを個別にメンテナンスする必要が無いなど、管理負担を軽減できる。1つの機器で複数のセキュリティ対策製品を動作でき、ハードウェアの削減やリソースの有効活用につながるという。

 新製品は、「VMware ESX Server」など仮想化製品への同梱もしくはOSとセキュリティ製品を1つにまとめたインストールイメージでの出荷を予定する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -