レビュー
» 2008年08月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ソフトウェアの運命をコントロールせよ

ソフトウェアの今後に関する調査を行ったところ、さまざまな課題が明らかになった。調査結果から見えたソフトウェアベンダーが抱える問題を挙げ、これからのソフトウェア業界の展望を考察する(提供:アイティメディア)。

[PR/ITmedia]

 CIO Habitatの調査の結果、ソフトウェアが向かいつつある複雑で多角的な状況が明らかになったという。「既存のソフトウェア開発モデルは破たんしている」と考えているCIOは多く、ソフトウェアベンダーに対しても幾つか共通した見解や不満が示された。そういった状況下で、企業が確実に自社に必要なソフトウェアを手に入れ稼働させるためには、どのような手法を取ればよいのか。3つの展開に分けて解説する。

 一方で、ユーザー企業はソフトウェアベンダーに対してどのような製品やサービスを求めているのか? 調査から分かった結果を考察し、今後のソフトウェアの見通しについて述べる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -