ニュース
» 2008年08月25日 14時21分 UPDATE

OpenOfficeにも対応:クリアスウィフト、送信メール監視機能を強化したセキュリティツール発売

クリアスウィフトは、送信メールによる情報漏えい対策を強化する「MIMEsweeper for SMTP 5.3」を発売した。

[ITmedia]

 クリアスウィフトは8月25日、電子メールセキュリティ対策製品の最新版となる「MIMEsweeper for SMTP 5.3」を発表した。9月下旬に代理店経由で発売する。

 新製品は、電子メールのコンテンツ監視機能において、「PCI」(Payment Card Industry)のクレジットカード番号用の語彙や「PII(Personal Identyfy Information=個人特定可能情報)」などに対応し、送信メール経由による情報漏えい対策を強化した。

 また、Microsoft Office 2007やOpenOfficeなどのドキュメントファイル形式、ALSIやNEC Infocage、PointSecなどの暗号化されたファイル、FlashやGoogleビデオ、Ogg Vorbis、3GPなどのマルチメディア形式にも対応した。

 管理機能では、マルチドメイン環境でのオペレーターの閲覧権限を特定ドメインにのみ制限できるほか、1つの設定で最大1200ドメインまで対応して、メッセージエリアの管理やリポーティングをできるようにした。グローバル化対応により、スウェーデン語やロシア語、ポーランド語、スロベニア語など8カ国語を新たにサポートした。

 参考価格は、50ユーザーの場合で55万円からとなっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -