ニュース
» 2008年09月16日 08時21分 UPDATE

MS、Exchange Server 2007の未完成更新版を手違いで配布

プレリリース版の「Update Rollup 4 for Exchange Server 2007 SP1」が一部に手違いで配布されてしまった。

[ITmedia]

 MicrosoftがExchange Server 2007のアップデートのプレリリース版を手違いで配布し、一部のサーバで自動更新された可能性がある。同社がExchangeチームブログで明らかにした。

 それによると、Microsoftが月例セキュリティ更新プログラムを公開した9月9日、手違いにより、プレリリース版の「Update Rollup 4 for Exchange Server 2007 Service Pack 1(KB952580)」がMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、WSUS経由で配布されてしまった。

 Microsoftはすぐにミスを発見してMicrosoft Updateからプレリリース版を削除したが、一部のサーバがこれを検出し、ダウンロードとインストールをしてしまった可能性がある。

 Rollup 4のプレリリース版にはExchange Web Service(EWS)に不具合があり、クラッシュが繰り返される可能性があるため、もしもインストールしてしまった場合はアンインストールするよう促している。

 完成版は間もなくリリース予定で、その際にはExchange 2007 SP1にインストールされたプレリリース版のRollup 4は上書きされるという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -