ニュース
» 2008年09月19日 17時14分 UPDATE

SFAとグループウェアを仮想化で連携 センク、09年春にSaaSで

営業支援ソフト「eセールスマネージャー」とグループウェア「desknet’s」を仮想化基盤上で連携し、営業情報と各種データを有効に活用できるSaaSサービスを、センクが発表した。

[ITmedia]

 システムインテグレーションベンダーのセンクは9月19日、SFA(営業支援)ソフトとグループウェアを仮想化基盤上で連携した新サービス「SaaS型・営業戦略支援ソリューション:Fusion Edition for eセールスマネージャー & desknet’s」の提供を、2009年春に開始すると発表した。

 同サービスは、ソフトブレーンのSFAソフト「eセールスマネージャー」と、ネオジャパンのグループウェア「desknet’s」を、センクの仮想化統合プラットフォーム上で連携したもの。会社情報や顧客情報といった営業情報と、スケジュールやToDoリストなどのデータを組み合わせて、情報共有が図れるようになる。

 センクは、中小・中堅企業向けに、不動産や生命保険、食品卸、証券、自動車販売などの業界を考慮したテンプレートを36種類用意し、同サービスの短期間での導入を支援する。テンプレートは順次追加していく予定。

 価格は50ユーザー未満で1年契約の場合、1ユーザー当たり月額6300円。初年度に5億円の売り上げを目指す。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -