ニュース
» 2008年10月09日 16時46分 UPDATE

IBM Power Systemsにミッドレンジモデル、仮想化および管理機能強化でHPやSunに対抗

IBMはSystem iとSystem pを統合したPower Systemsシリーズを強化し、エンタープライズおよびミッドマーケットの顧客に新しい選択肢を提供する。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 IBMはSystem iとSystem pを統合したPower Systemsシリーズを強化し、エンタープライズおよびミッドマーケットの顧客に新しい選択肢を提供する。IBM Power Architectureをベースとするプロセッサ構成を増強するとともに、仮想化機能を刷新。UNIX市場でHewlett-PackardやSun Microsystemsと真っ向から競合する。

 IBMはPower Architectureベースのプロセッシングコアを増強し、新しい管理機能と仮想化機能を搭載した新しいPower Systemsで、UNIX市場向けサーバ製品ラインの拡充を図る。

 IBM Power Systemsは今年4月、従来のIBM System iとSystem pを1つの製品ラインに統合する新シリーズとして発表された。これらのシステムの統合により、IBMは大企業や中堅企業向けに、AIX(IBMバージョンのUNIX)だけでなく、LinuxやIBM i (旧:i5/OS)でも稼働する一連の製品を供給することが可能になった。

 UNIX市場はx86プロセッサベースのサーバ市場と比較すればいくぶん活気に欠けるが、それでも IBM、Hewlett-Packard、Sun Microsystemsの主要OEMメーカーにとって重要な市場であることに変わりない。Gartnerによると、2008年第2四半期のUNIXサーバの出荷量は台数ベースで減少したものの、売上高は全世界で前年同期比約10%増の42億ドルに上った。またUNIXプラットフォームを大企業だけでなく、ミッドマーケットや中小企業にもプッシュしてきたIBMの売上高は、前年同期比29%増の15億ドルだった。

 製品ラインに統合することで、IBMはUNIX市場におけるポジションをいっそう確固たるものにしたい考えだ。また、2007年に販売が落ち込んだSystem iによる損失を好調なSystem pでカバーする狙いもある。

 Pund-IT Researchのアナリスト、チャールズ・キング氏によると、IBMはPower Systemsを統合プラットフォームとして位置づけ、x86サーバを1つのシステムに統合したいと望むミッドマーケット企業に積極的に売り込もうとしている。しかし、もともとLinuxを採用している企業であれば、Power Systemsへの移行にもメリットを見出せるが、Microsoft Windowsで標準化した企業をLinuxにスイッチさせ、Power Systemプラットフォームに移行させるのはそれほど容易ではない。

 「小さな企業にとってメリットがあるとすれば、Windowsベースのシステムでデータベースアプリケーションを実行するより、Power Systemsで実行したほうがパフォーマンスも信頼性も高まるという点だろう」とキング氏は話す。

 IBMはまた、「古いシステムからの移行を考えているSunとHPの顧客を取り込むことを狙っている」(キング氏)。HPはIntelのItaniumプロセッサを搭載したIntegrity Systemsが好調だが、SPARCベースの製品とSolaris OSを提供するSunはハイエンドサーバの販売で苦しんでいる。

ミッドレンジモデルを追加

 IBMは10月7日、Power SystemsシリーズにPower 570 とPower 550の中間に位置するミッドレンジの新モデル「Power 560 Express」を追加した。同モデルはIBMのPower6(3.6GHz)プロセッサを搭載し、最大16コア構成が可能。またDDR2 RAMは標準8GBから最大384GBまで拡張できる。Power 560は2ノード構成で、各ノードは6台のSASドライブをサポートするため、最大2.7TBのデータストレージを提供することが可能だ。

 IBMはPower 570サーバのコンフィギュレーションも変更した。今回の変更で同システムは、5.0GHzのPower6プロセッサで最大16コア、4.2GHzのPower6プロセッサで最大32コアの構成が可能になった。また最大構成で、768GBのDDR2 RAMと24台のSASドライブをサポートする。

 Power 560 Expressの価格は、AIXを搭載した基本構成で4万7216ドル。アップデートされたPower 570の価格は現時点で不明。

 新しいハードウェアに加え、IBMは今回、Power Systemsに新しい管理および仮想化機能を組み込んだ。まずPower Systemsの仮想化ソフトウェアであるPowerVMをアップデートした「Active Memory Sharing」。まだβ版だが、Active Memory Sharingによってシステムはパーティション間でリソースをプールすることが可能になり、仮想環境においてより多くのメモリにアクセスできるようになる。

 新しい管理コンソールの「Systems Directory」は、Linux、i、AIXの各OSで利用でき、物理ハードウェアと仮想環境の双方のリソースを制御、監視できる。

 さらにIBMは、エンタープライズバージョンのAIXをロールアウトした。このバージョンには、OS本体に加え、TivoliとPowerVMソフトウェアが含まれている。

過去のニュース一覧はこちら

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ