ニュース
» 2008年10月09日 18時10分 UPDATE

シマンテック、メールセキュリティの仮想化製品を発売

シマンテックは、VMware上で動作する仮想メールセキュリティアプライアンス製品を発売する。

[ITmedia]

 シマンテックは10月9日、仮想環境に対応したメールセキュリティアプライアンス製品「Symantec Brightmail Gateway Virtual Edition」を10月16日に発売すると発表した。

 新製品は、VMware ServerおよびESXで動作する仮想セキュリティアプライアンス。物理インフラなどを追加することなく、スパムやウイルスから電子メールやインスタントメッセージなどを保護できるようになるという。

 また、集中型制御コンソールを利用して、既存のサーバやアプライアンスに対するメールなどのスキャンを実施でき、スキャン項目の追加や削除が容易に行える。複数のシステム間で設定やリポート機能を自動的に同期でき、電子メールインフラの状況を報告できる。

 価格は電子メールの利用者数に応じて課金され、5〜24ユーザーの場合では1ユーザー当たり3260円になる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -