ニュース
» 2008年10月16日 07時53分 UPDATE

Flash CS3にコード実行の脆弱性、Adobeがセキュリティ情報公開

Flash CS3 Professionalに深刻な脆弱性が報告された。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは10月15日、Flashコンテンツ制作ソフトウェアのFlash CS3 Professionalに深刻な脆弱性が報告されたとしてセキュリティ情報を公開した。

 攻撃者がこの脆弱性を悪用し、ユーザーをだまして細工を施したSWFファイルを開かせると、コードを実行できるようになる。Adobeは開発者などに対し、不審なSWFファイルには注意するよう促している。

 なお、Flash PlayerとFlash CS4 ProfessionalおよびMac版のFlash CS3 Professionalはこの脆弱性の影響を受けないという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -