ニュース
» 2008年10月20日 17時29分 UPDATE

オープンソースのブログソフトにXSSに脆弱性

オープンソースのブログソフト「Blosxom」に脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 オープンソースのブログソフトウェア「Blosxom」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった。情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERT コーディネーションセンターが10月20日、JVN(Japan Vulnerability Notes)で公表した。

 脆弱性はBlosxom 2.1.1以前に存在する。エラーページやプラグインページなどを出力する際の処理に問題があり、悪意のある第三者が細工したHTMLやJavaScriptを読み込むと、ユーザーのマシン上で任意のスクリプトが実行される可能性がある。

 開発者コミュニティーは脆弱性を修正したBlosxom 2.1.2を公開し、特にWebプラグインのブログ投稿ツールなどを利用しているユーザーにアップデートを促している。また、アップデートが困難な場合の回避策として、blosxom.cgiのerror headテンプレートですべての「flavour」を削除するようにアドバイスしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -