ニュース
» 2008年10月31日 08時00分 UPDATE

Opera 9.62がリリース、2件の深刻な脆弱性に対処

履歴検索の脆弱性と、フレームのリンクパネルにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性を修正した。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは10月30日、Operaブラウザの深刻な脆弱性を修正したアップデート版のOpera 9.62を公開した。

 リリースノートによると、Opera 9.62では2件の脆弱性に対処した。このうち履歴検索の脆弱性は、悪用されると履歴検索結果ページにスクリプトが挿入され、任意のコードが実行されてしまう恐れがある。この脆弱性の実証情報も公開されていた。

 もう1件の脆弱性は、リンクパネルのJavascript URL処理におけるもので、悪用されると無関係なフレームでスクリプトが実行され、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けられる可能性がある。

 Operaはいずれの脆弱性についても「極めて深刻」と評価。Windows、Mac、Linuxなど各OS版のOpera 9.62を公開し、ユーザーにアップデートを呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -