ニュース
» 2008年11月11日 17時13分 UPDATE

日本ユニシス、セキュリティ事件の対処策を検証する新サービス

日本ユニシスは、情報セキュリティ事件への対応策について評価と訓練を実施するサービスを開始した。

[ITmedia]

 日本ユニシスは11月11日、企業が策定した情報セキュリティ事件の対処策について検証や訓練を実施する「情報セキュリティ事件・事故対応シミュレーションサービス」を開始した。事件の発覚から原因追究、再発防止策までの取り組みを適切に実施できるよう支援する。

 同サービスでは、人的、技術的、物理的な原因による情報セキュリティ事件を擬似的に発生させ、従業員の対応プロセスを評価。緊急時の対応訓練も実施し、対応策の不備などを調査し、アドバイスや報告書も提供する。

 調査では、情報漏えいや電子メールによる悪質なサイトへの誘導、マルウェア感染、ソーシャルエンジニアリング、無線LANの不正アクセスといった脅威をシミュレーションし、社員の行動などを確認する。シミュレーションから、具体的な対応策の実施手順や社員のセキュリティ意識の向上、被害の最小化、再発防止策の策定などに取り組めるという。

 同社では今後3年間に1億円の売り上げを見込んでいる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -