ニュース
» 2008年11月13日 11時47分 UPDATE

一時的でも効果あり:スパム流通量が激減、米大手ISPが業者の接続遮断

スパムメールやマルウェアを大量に配布していたMcColoという業者が、米大手ISPに接続を遮断された。

[ITmedia]

 スパムメールやマルウェアを大量に配布していた米国の業者がインターネットサービスプロバイダー(ISP)に接続を遮断され、その結果、スパムメールの流通量が激減した。SANS Internet Storm CenterがWashington Postの報道を引用して伝えた。

 それによると、接続を遮断されたのは米カリフォルニア州サンノゼのMcColo Corpという業者。Washington Postのセキュリティブログ「Security Fix」によれば、世界で配信される迷惑メールの75%以上にかかわっていた。また、マルウェアの配布や児童ポルノの取引も手掛けていたとされる。

 Security FixはMcColoがこうした行為に従事していることを示す証拠を集め、McColoが使っているISPに通報した。その結果、Global CrossingやHurricane Electricといった大手ISPがMcColoの接続を遮断する措置を取ったという。

 McColoのような業者は摘発されても別の場所に移るだけかもしれず、効果は一時的かもしれないが、それでも移転のためのコストはかかるとSANSは指摘。摘発態勢の強化と「悪徳行為」にかかるコストを増大させることが、長期的な解決策になると解説している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

ISP | マルウェア | ドメイン | スパム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ