ニュース
» 2008年11月15日 09時00分 UPDATE

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:忘れたデータが山盛り――中古PCからの情報漏えい (1/2)

PCに保存したデータを「消した」と思っても実際には消えていない。中古で売買されるPCには残されたデータ情報が山盛りだ。ユーザーの認知が広まりつつあるとはいえ、今一度中古PCに潜む危険を再確認してみよう。

[萩原栄幸,ITmedia]

数々のセキュリティ事件の調査・分析を手掛け、企業や団体でセキュリティ対策に取り組んできた専門家の萩原栄幸氏が日常生活に潜む情報セキュリティの危険や対策を毎週土曜日に解説しています。

過去の連載記事はこちらで読めます!


 今回のテーマは、中古PCからの情報漏えいです。最近では、初めてPCを購入するというよりも、買い替えや買い増しをするPC利用者が多いようです。この場合、以下のようなシナリオが想定されるでしょう。

 Aさんは5年前に購入したノートPCを愛用していました。最近はさすがに処理能力やHDDの容量に不満を感じ、周囲もWindows Vistaマシンに変えつつある状況をみて、「そろそろ買い替えなければいけないかな」と思い始めました。そこで、今使っているノートPCをどうすべきか――親戚の人に譲るとしても、後からトラブルの質問などされるのも面倒だし――と考え、中古PCの買い取り業者へ売却を検討しました。売却の見積り金額は約1万2000円。安いとは思いながらも、新規購入するPCの足しになればと考えました。

 しかし、Aさんは「中古PCに保存したデータはどうしよう」と思いました。そこで、データを別のHDDにバックアップし、添付のリカバリCDでPCを初期化しました。作業自体は数分間で完了し、画面上には「購入前のイメージに戻す」「終了する」という選択肢が表示されましたが、Aさんはもう使わないので「終了する」を選択し、買い取り業者に初期化したPCを持っていくことにしました。

 この場面で、Aさんが取った行動には大きな誤りがあります。賢明な読者はお気付きだと思いますが、Aさんがした操作ではPCの中にあるプライバシー情報が漏えいしてしまう可能性が高いのです。

 先日、わたしのセミナーに来場した女性がノートPCを持参して、「初期化をしましたが、このまま中古業者に渡しても大丈夫ですか。この状態でもデータを復元できるのでしょうか? 」と訪ねてきました。その場でわたしが復元処理をしてみると、PCに保存された女性の情報が山のように復元されたのです。

 復元できたデータは、勤め先の報告書や企画書、議事録、プレゼンテーション資料、稟議書、システム運用解説書、社外秘資料、新製品解説書、部全員の住所録、緊急連絡先一覧、得意先名簿、名刺スキャンイメージ……などです。プライベートなデータでは、日記帳や年賀状リスト、飲み会リスト、テニス同好会名簿、家計簿、レンタル品リスト、株投資収支一覧、インターネット情報……がありました。さらに、デジタルカメラで撮影した画像のフォルダには、実家や誕生日会、正月、クリスマス、恋人、友人、テニス……などのジャンルに整理されていました。

 女性のPCには、公私にわたる情報が集約されていたのです。これは決してそれは特別なことではなく、一般のPC利用者であれば少なからずこのような状況にあるのではないでしょうか。

 わたしは女性に、「PCを売ることは、これらのすべての情報も一緒に中古業者に渡すことになりますよ」と告げました。そのとたん、彼女はその場で泣き崩れてしまったのです。そこで、復元不可能となるように女性の了承を得てデータを完全削除しました。作業完了後にデータ復元ソフトウェアを再度実行して、今度はデータが完全に復元できないこと確認してもらいました。最後に女性の顔にはようやく笑顔が戻りました。

なぜデータが復元できるのか?

 前回の記事でも紹介しましたが、「ファイル削除」「ゴミ箱を空にする」「初期化をする」「フォーマットする」といった操作は、実際にはデータ本体が保存された領域に対して何も処理をしていません。データの索引情報の一部を変更して、OSからは「存在していない」と見せかけているだけです。

 しかし、最近のPCに添付されているリカバリCDなどにはPCを廃棄することを考慮して「HDDの内容を完全消去する」といった操作項目が入るようになりました。完全消去は、リカバリ操作とは関係のないものですが、関係団体からの要請もあり、メーカーがリカバリCDの項目にPCの廃棄や譲渡でデータが漏えいしないよう完全消去できるようにしました。もし、完全消去の項目がない場合には、ユーザー自身が専用ソフトウェアを入手する必要があります。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -