レビュー
» 2008年11月21日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「売り込まなくていい営業」を可能にした顧客関係構築の秘訣

葬祭業大手であるメモリアルアートの大野屋は、徹底した情報共有と顧客接点重視のマネジメントに取り組み、顧客本位の販売体制を確立している。その体制を構築するために導入したのがSFA/CRM製品だ(提供:ソフトブレーン)。

[PR/ITmedia]

 仏壇、墓、葬式など仏事全般を支援する総合葬祭会社であるメモリアルアートの大野屋が営業支援システムを導入し、顧客との信頼関係強化に成功した事例を紹介する。

 メモリアルアートの大野屋は、東京本社のコールセンターと各支店の間での徹底した情報共有と顧客接点重視のマネジメントに取り組んでいる。一般的に、墓は「時期が来て必要になったら買う」ものであり、不必要なときに売り込まれても顧客は絶対に買わない。そのため特に顧客本位の販売プロセスが重要となる。そこで同社は、この販売プロセスを効率よく回すためにソフトブレーンの「eセールスマネージャー」の導入を決めた。

 数あるCRM(Customer Relationship Management)製品の中から、eセールスマネージャーに決めた理由を担当者が語る。少数精鋭、複数拠点での営業展開や情報共有のスピードアップを図りたい企業にとって、大きなヒントとなるだろう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -