ニュース
» 2008年11月21日 17時02分 UPDATE

ウイルス感染の確認と駆除を呼びかけ:福井県の介護保険サイトに不正アクセス 運用を一時停止

福井県は、不正アクセスを受けた期間でホームページにアクセスした場合、ウイルス「JS_AGENT.IMK」「TROJ_AGENT.ATPF」に感染している可能性があるとして、注意を呼びかけている。

[ITmedia]
不正アクセスがあった「介護保険なんでも情報発信ホームページ」 不正アクセスがあった「介護保険なんでも情報発信ホームページ」

 福井県の「介護保険なんでも情報発信ホームページ」に不正アクセスがあったとして、運用を一時停止している。

 不正アクセスがあったのは11月13日の16時45分で、サイトを一時停止したのは11月19日の2時20分。一時停止するまでにホームページを閲覧した場合、ウイルス「JS_AGENT.IMK」「TROJ_AGENT.ATPF」に感染している恐れがあるという。福井県は無料のスキャンツールによる感染の確認と駆除を勧めている。

 同県によると個人情報の流出はなく、現在サーバの修正と安全確認を行っている。再開までには「しばらく時間がかかる見込み」という。

 同ホームページと同じサーバを利用している「ふくい保健・医療・福祉情報提供システム」「ふくいエンゼルネット」「ふくい健康広場」「福井県こども家族館HP」もサービスを一時停止している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -