ニュース
» 2008年12月03日 07時15分 UPDATE

ノートPC対策が本格化:Lenovo、ThinkPadにIntelの盗難対策技術を採用 (1/2)

Lenovoの「ThinkPad T400」シリーズは、Intelの新しい盗難対策技術「Anti-Theft PC Protection」を採用した最初の製品。。この技術はチップセットに組み込まれ、ThinkPadに搭載したCentrino 2プラットフォームとvPro技術と連携する。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 Lenovoでは、Intelの新しい盗難対策技術を自社のThinkPadノートPCに装備する予定だ。この技術は、ノートPCの盗難や紛失の際にデータを保護するための各種のセキュリティ機能を提供する。

 Lenovoは12月中に、ノートPCシリーズ「ThinkPad T400」でIntelの「Anti-Theft PC Protection」技術の提供を始める。Intelの盗難対策技術は、同社の新しいCentrino 2プラットフォームとvPro技術と連携して動作する。vProは、企業のIT部門が多数のPCの管理とセキュリティ対策を容易にできるようにするためのチップ搭載技術だ。

 Intelが新しい盗難対策技術を最初に発表したのは4月で、Lenovoはこの技術をノートPCで初めて採用するPCベンダーになる。

 LenovoがThinkPadノートPCで追加的なセキュリティ機能を提供すると発表したのは、この1週間でこれが2回目である。同社は11月24日、SMS(Short Message Service)のテキストメッセージを利用して、紛失したり盗まれたりしたノートPCを使用不能にする機能を提供すると発表した。

 Intelの盗難対策技術は、チップセットに組み込まれている。Lenovoの場合、Intelの技術はAbsolute Softwareの「Computrace」ソフトウェアと連携して動作する。ComputraceはノートPCのファームウェアに保存されている追跡・盗難対策技術で、IT部門がいつでもノートPCの位置を追跡することを可能にする。

 IntelとAbsoluteの技術の組み合わせにより、IT部門はノートPCのセキュリティに関するポリシーを設定することができる。例えば、ThinkPadが長期間にわたってメインサーバとの接続が切り離されていたり、ログインの失敗を何回か検出したりした場合に、そのノートPCを使用不能にするよう設定することも可能だ。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ