ニュース
» 2008年12月10日 17時02分 UPDATE

ネットワークとアプリの融合へ:「NGN上でSaaSを」――NTTとマイクロソフトが協業を検討

次世代ネットワーク上でSaaSビジネスを展開するために、NTTとマイクロソフトが協業を検討している。

[ITmedia]
image NTTの宇治則孝副社長(左)、米Microsoftのケビン・ターナーCOO(出典:マイクロソフト)

 NTTとマイクロソフトは12月10日、ネットワークとアプリケーションを融合したサービスの提供を目指し、協業を検討すると発表した。

 NTTのICT(情報通信技術)とマイクロソフトのアプリケーションを連携し、サービスの実用化を目指す。取り組みの1つとして、NTTグループが提供するSaaS(サービスとしてのソフトウェア)基盤とマイクロソフトがアプリケーションを使い、SaaS型のビジネスの事業化を検討するという。

 NTTグループは、個人/法人向けにSaaSを提供する「SaaS over NGN」を推進している。マイクロソフトは、ソフトウェアの機能とインターネット経由で提供するサービスの形態を組み合わせた「ソフトウェア+サービス」戦略を掲げている。

 NTTの宇治則孝副社長は「次世代ネットワーク(NGN)の将来性に期待するマイクロソフトは、NTTの重要なパートナー。SaaSやクラウドコンピューティングを活用する時代の到来に向けて、NGN上でのサービスを創造していく」とコメント。

 米Microsoftのケビン・ターナー最高執行責任者(COO)は「ローカル環境において、豊富なソフトウェアのサービスや機能を提供するためには、拡張性のあるネットワーク基盤を持つパートナー企業との連携は必須」と述べている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -