レビュー
» 2008年12月11日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:急増するWebサイト閲覧の悪用に備えるには(従業員数500人以下の企業対象)

インターネット上の新しい脅威である「受動的攻撃」からIT資産を守るには、ファイアウォールとアンチウイルスだけでは難しいとされる。では何をすべきか? (提供:日本アイ・ビー・エム)

[PR/ITmedia]

 今やWebサイトの閲覧は、電子メールや USBメモリなどの物理メディアと並ぶ、ウイルスの主たる感染経路となっている。その背景として、ファイアウォールを活用したWebサイト閲覧制限の困難さや、アンチウイルス・ソフトにおけるWebサイトの閲覧を悪用したウイルスへの対応の遅れが挙げられる。そういった状況を踏まえ、ファイアウォール、アンチウイルスに加えて、情報資産を守るためのセキュリティー機能を備えることが必要だ。

 本ホワイト・ペーパーでは、インターネットにおける新しい脅威「受動的攻撃」について解説し、より安全なWebサイト閲覧を実現するためのアプローチと包括的なセキュリティー対策を実現する手段を示す。インターネット上の脅威からユーザーを保護するには何をすべきか?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -