ニュース
» 2008年12月12日 13時17分 UPDATE

FSF、GPL違反で米Ciscoを提訴

米Cicsoを、無線ルータ製品においてプログラムをライセンスを順守しないで利用しているとして、FSGが提訴した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine
tsg1212link.jpg 無線ルータ「Linksys WRT160N」

 フリーソフトウェア支援団体のFree Software Foundation(FSFは米国時間の12月11日、FSFに属する著作権を侵害したとして米Cisco Systemsを提訴したことを明らかにした。FSFは、Ciscoが無線ルータブランド「Linksys」で、GNU Lesser General Public License (GPL) などのライセンスを順守していないと主張している。

 訴訟は、FSFの弁護団となるSoftware Freedon Law Centerが米国地方裁判所ニューヨーク南部地区で起こした。

 FSFによると、Ciscoは複数のLinkysys無線ルータ製品で、ライセンスを順守せずにFSFが著作権を持つプログラムを利用しているという。具体的には、GPLの下で公開されているGNU Compiler Collection、GNU Binary Utilities、GNU C Libraryなどのプログラム。GPL以外では、GNU Lesser General Public License (GNU LGPL) が適用されたコードを用いているものがあるという。

 これらライセンスでは、そのライセンスの下で頒布されているプログラムを改変、共有することを認めており、プログラムを再頒布する際にソースコードを告示することを要求している。FSFによると、Ciscoが、関係あるソースコードを顧客に告示することなくソフトウェアを頒布している事例が多くあるという。

 「われわれのライセンスは、ソフトウェアを利用する人が自由に改変できるように設計されている。この権利を実行するには、ソースコードが必要だ。ソフトウェアを利用、共有し、必要にあわせて改変できる権利を保護するために、われわれはライセンスを強制している」とFSFの設立者で会長のリチャード・ストールマン氏は述べている。

 FSFによると、Ciscoのライセンス順守に向け、2003年よりCiscoに協力してきたという。だが、順守プロセスが一向に完了しなかったことから、今回の法的手続きに至った、と背景を説明している。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -