ニュース
» 2008年12月15日 13時04分 公開

最大500万通のメールを処理:マカフィー、ブレードサーバ利用のコンテンツセキュリティシステムを発売

マカフィーは、HP BladeSystem c-Classを利用したWeb/電子メールセキュリティシステムを発売する。

[ITmedia]

 マカフィーは、HPのブレードサーバ「BladeSystem c-Class」を利用したWeb/電子メールセキュリティシステム「McAfee Content Security Blade Server」を2009年1月5日に発売する。

 新製品は、URLフィルタリングやスパム対策、フィッシング対策など電子メールとWebの利用を保護するセキュリティシステム。1時間当たり70万〜500万通のメッセージ処理や5万ユーザーのWeb利用を保護するという。フェイルオーバーと冗長性を考慮し、ロードバランシング機能やホットスワップ機能を搭載する。

 製品価格(いずれも税抜き)は、シャーシが1台当たり150万円、管理用ブレードが同100万円、スキャニングブレードが同560万円、オプションのWebフィルタリングモジュールが140万円など。1万2000ノードで電子メールとWebのスキャンを行う場合の構成価格は2030万円(シャーシ1台と管理ブレード2台、スキャニングブレード3台)になる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -