ニュース
» 2008年12月17日 16時55分 公開

情報漏えい対策で:2007年のシンクライアント市場は7.2%増、ITR調査

ITRの調査で国内シンクライアント市場のトップシェアは日本HPだった。

[ITmedia]

 調査会社のアイ・ティ・アールは12月17日、2007年度の国内シンクライアント端末市場調査の結果を発表した。

 市場規模は、出荷金額ベースで前年比7.2%増の92億3000万だった。メーカー別シェアのトップは日本HPの37.9%で、以下、サン・マイクロシステムズ(17.3%)、ミントウェーブ(14.1%)、ワイズテクノロジー(4.1%)だった。

2007年度のシンクライアント端末市場ベンダーシェア(出展:ITR)

 同社のアナリスト、雪嶋貴大氏は「従来は故障率の低さから工場での導入が中心だったが、近年はクライアントの情報漏えい対策で一般企業でも認知され、端末の低価格化や管理コストの削減によってPCとの共存が徐々に進む」と分析している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -