ニュース
» 2008年12月24日 16時59分 UPDATE

オープンソースアプリケーションサーバ調査 懸念はサポート、人気はTomcat

米OpenLogicの調査結果によると、33%の企業がオープンソースのアプリケーションサーバに移行済みという。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 オープンソースプロジェクトのサポートを事業とする米OpenLogicは米国時間の12月22日、オープンソースのアプリケーションサーバに関する調査結果を発表した。アプリケーションサーバ分野においてオープンソースへの移行は進んでいるが、堅牢性やパフォーマンス、サポートへの懸念が挙がったという。

tsg1224sf.jpg アプリケーションサーバでオープンソース技術を利用する上での懸念事項。 「堅牢性、拡張性、性能」との回答が最多

 OpenLogicが12月11日に行ったオープンソースのアプリケーションサーバに関するWebセミナーでのアンケート調査を集計したもの。それによると、「オープンソースのアプリケーションサーバに移行済み」と回答した企業は33%、「検討中」は19%、「計画中」は11%だった。現在利用中・利用を検討中のオープンソースアプリケーションサーバは、「Tomcat」が37%で最多、次いで、「JBoss」(26%)、「GlassFish」(18%)、「Geronimo」(4%)となった。

 オープンソースを選択する理由については、31%が「低コスト」と回答した。そのほか、「標準のサポート」(16%)、「ソースコードへのアクセス」(11%)が挙げられている。アプリケーションサーバでオープンソース技術を利用する上での懸念としては、31%が「堅牢性、拡張性、性能」と回答、20%が「SLAレベルのサポート」、16%が「社内に専門知識がない」、13%が「ライセンス」を挙げた。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -