レビュー
» 2009年01月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:エンタープライズコンテンツ管理

SharePoint Server 2007を用いたエンタープライズコンテンツ管理について、その活用法と実際の手順を詳しく解説する(提供:アイティメディア)。

[PR/ITmedia]

 「企業内のすべての情報をしっかりと管理し、各種のリスクや法令に対応したい」「企業資産である情報を活用できる体制を作りたい」など、先進的な企業が抱える悩みを解決するのが、エンタープライズコンテンツ管理(ECM)だ。コンプライアンスが必須条件となった現在における情報の管理と活用を実践する方法を探り、特にSharePoint Server 2007によるECM構築を具体的に解説していく。

 まずポータルによる文書管理について、文書の新規作成の一連の作業を実際の画面とともに説明し、次にSharePoint Server 2007の承認ワークフローを用いた承認のプロセスの手順を見ていく。SharePoint Server 2007の代表的な機能である「ドキュメントライブラリ」や「スライドライブラリ」の利用手順を詳しく解説するほか、SharePoint ServerとWordを使った、より効果的な文書共有の方法についても触れる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -