ニュース
» 2009年02月03日 12時33分 UPDATE

3つの機能を提供:IIJ、Webセキュリティのアウトソーシングサービス開始

IIJは、フィルタリングとウイルス対策、ログ管理の機能を組み合わせて利用できるWebセキュリティの受託サービスを始めた。

[ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2月3日、Webセキュリティ対策のアウトソーシングサービス「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」を始めた。利用料は個別見積りとなる。

 同サービスは、IIJのデータセンターに設置するゲートウェイサーバを介してWebフィルタリングとウイルス対策、ログの保管/ダウンロードの3つの機能を提供する。フィルタリングにデジタルアーツのi-FILTER、ウイルス対策にKasperskyの検出エンジンを利用する。

 ログの保管/ダウンロード機能では、フィルタリングとウイルス対策機能で取得したログ分析のリポートを、時間やカテゴリ、接続元IPアドレスなどの情報と合わせて提供する。月次報告書も提供する。

 サービスメニューは、3つの機能をすべて利用する「タイプFV」、ウイルス対策とログ保管/ダウンロードの「タイプV」、Webフィルタリングとログ保管/ダウンロードの「タイプF」となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -