ニュース
» 2009年02月12日 08時31分 UPDATE

偽ソフトの購入を迫る:Digg.comに不正な投稿、マルウェア感染サイトに誘導する

米Digg.comに不正な記事やコメントを投稿し、マルウェア感染サイトにユーザーを送り込もうとする手口が見つかった。

[ITmedia]

 ソーシャルブックマークサイトの米Digg.comに不正な記事やコメントを多数投稿し、マルウェア感染サイトにユーザーを送り込もうとする手口が見つかったと、セキュリティソフトウェアメーカーのPanda Securityがブログで伝えた。

 それによると、Diggには注目を引きそうな見出しを付けた偽の記事やコメントが多数投稿され、マルウェア感染サイトにリンクが張られているという。

 Panda Securityは一例として、俳優のヒース・レジャーに関する正規の記事に不正コメントを付け、「裸でシャワーを浴びるヒース・レジャー」という文面でリンクのクリックを促す投稿を紹介している。

 これまでの調べでは52のアカウントで、悪質なURIにリンクさせた記事やコメントが投稿されているのが見つかったという。リンク先はいずれも偽のビデオコーデックをダウンロードさせるサイトで、ユーザーをだまして偽ウイルス対策ソフトウェアの購入を迫る手口を利用している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -