ニュース
» 2009年02月12日 16時09分 UPDATE

世界150カ所以上の国や地域で:KDDI、企業ネットワーク向けのセキュリティ監視サービス

KDDIは海外展開する企業向けネットワークサービスにセキュリティ監視のメニューを追加する。

[ITmedia]

 KDDIは、海外展開する企業向けのネットワークセキュリティ監視サービス「グローバルマネージドセキュリティサービス」を2月16日から始める。セキュリティ機器の運用管理および不正アクセスなどの監視を24時間体制で行う。

 同サービスでは、海外拠点に設置しているファイアウォールおよびUTM(統合脅威管理)製品稼働監視やメンテナンス、リポーティング、障害対応などのほか、製品が検知した不正アクセスの検知、対応、分析を、KDDIと提供するラックが行う。

 対応製品は、ファイアウォールがJuniper NetworksのSSG5/20/140/300シリーズ、500シリーズ、UTMがCisco Systemsの ASA5510/5520/5540。サービスは世界150カ所以上の国や地域で利用できる。

 利用料金は、一時金18万5850円からのほか、月額料金が6万900円から。詳細料金は、ネットワークや機器構成で異なる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ