レビュー
» 2009年03月03日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:Hyper-Vによるサーバ仮想化、貴社に最適のシステム構成は?

サーバ仮想化の導入計画を立てる際には、何を処理し、どんな機能を求めるのかによって、選択するサーバ/ストレージ構成が変わってくる。具体的にはどのようなポイントに留意して構成を決定すべきなのだろうか? (提供:デル)

[PR/ITmedia]

 サーバ仮想化の導入計画を立てる際には、何を処理し、どんな機能を求めるのかによって、選択するサーバ、ストレージ、ソフトウェアの構成が変わってくる。しかし、具体的にどのサーバ製品、どのストレージ製品が自社の計画にマッチするのかを判断するのは、なかなか容易なことではない。

 そこで本ホワイトペーパーでは、マイクロソフトのWindows Server 2008 Hyper-Vとデルのサーバ/ストレージ製品の組み合わせでサーバ仮想化環境を構築する際のアーキテクチャ例を幾つか提示する。採用する製品の機能、容量、アーキテクチャ全体の難易度によってスモール、ミディアム、ラージの3種類に分けて、それぞれにおいて推奨される製品とその構成例を具体的に示す。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -