ニュース
» 2009年03月23日 17時42分 UPDATE

安定性が向上:大幅に改善されたIE 8――しかしライバルたちは既に一歩先へ (1/2)

eWEEKラボで「Microsoft Internet Explorer 8(IE 8)」をテストしたところ、使い勝手、セキュリティ、安定性の面でIE 7と比べて大幅に改良されていることが分かった。しかしGoogleの参入など、ブラウザ市場の状況は短い間に大きく変化し、IE 8は既にライバル製品から一歩後れを取っている。

[Jim Rapoza,eWEEK]
eWEEK

 「Microsoft Internet Explorer 8(IE 8)」は、同Webブラウザの従来バージョンと比べると大幅に改善されている。使い勝手、セキュリティ、安定性が向上したIE 8は、現在のIEユーザーにとって必須のアップグレードだといえる。しかし競合ブラウザのユーザーに訴求することはなさそうだ。

 eWEEKラボで行ったIE 8の最終版のテスト、ならびに以前に実施した同ブラウザのリリース候補版と後期β版のコードのテストの結果、IE 8は、IE 7から大幅に改善されていることが分かった(IE 7自身もIE 6から大幅に改善された)。IE 8では従来版と比べてユーザーインタフェースが改良されたほか、セキュリティ機能の強化や標準のサポートの改善も施された。

 IE 8は現在のIEユーザーにとって価値のあるアップグレードだが、Mozilla Firefox、Google Chrome、Apple Safari、OperaのユーザーにIE 8への乗り換えを促すほどの魅力があるかどうかは疑問だ。IE 8の最初のβ版がリリースされた後、Webブラウザ市場をめぐる状況は劇的に変化した。IEのライバル製品はいずれも新バージョンがリリースされ、Google Chromeという強力な競合製品も新たに市場に参入したのだ。

 IE 8はあらゆる点で新世代のWebブラウザであるが、よりアグレッシブかつ頻繁にアップグレードが行われている競合ブラウザに対しては、既に一歩後れを取っている。しかしIEをメインブラウザとして利用しているユーザーであれ、時折ほかのブラウザからIEに切り替えるだけのユーザーであれ、IE 8へのアップグレードをぜひ検討すべきである。

 IE 8では、数カ所にわたるインタフェースの改善により、使い勝手が大幅に向上した。

 インタフェースの改善点の1つに、タブ管理機能が全般的に洗練されたことがある。IE 8で新しい空白のタブを開くと、最近閉じたタブのリスト、「InPrivate」ブラウジングセッションを開始するオプション、IE 8の新しい「アクセラレータ」機能など、Webサーフィンに関連した幾つかのオプションが表示される。これはIE 7の空白タブと比べると歓迎すべき改善だが、Opera、Google Chrome、Apple Safari 4βに見られる「スピードダイヤル」風の機能の方を好むユーザーもいる。

 IE 8独自の優れたタブ管理機能の1つに、同一サイトから開いたタブを識別するための色分け機能がある。テストでは、ブラウザセッションでさまざまなWebサイトのそれぞれから多くのタブを開いたときに、この色分け機能が非常に便利だと感じた。

 IE 8の新しい「アクセラレータ」機能も魅力的だ。アクセラレータというのは、新しいWebページを開かなくても、閲覧中のページ内から地図、翻訳、検索といった高度な機能にアクセスすることを可能するプラグイン(拡張機能)の一種だ。

 例えば、Webページ内でテキストを選んで翻訳アクセラレータを選択すると、そのページ内のボックスに翻訳されたテキストが表示されるのは便利だ。別のブラウザウィンドウやタブの中でYahoo!のBabelFishサービスなどを立ち上げなくても済むからだ。

 IE 8のもう1つの新機能が「WebSlices」である。これは、WebサイトがコンテンツをIE 8ブラウザ内に直接連携するためのシンプルな手法である。例えば、気象情報やニュース記事をチェックするのに個別のWebサイトにアクセスしなくても、これらのサイトからWebSlicesを取り込めば、ブラウザのツールバー上から1クリックでそれらの情報を確認することができる。

 IE 8には「おすすめサイト」というウィジェットも搭載された。これは、ユーザーが閲覧しているサイトに類似したサイトへのリンクを表示するという機能だ。

 IE 8で採用されたそのほかの新しいインタフェース機能の多くは、以前から競合ブラウザに組み込まれているとはいえ、歓迎すべき改善であるには違いない。これらの新機能としては、文字を入力し始めるとブラウザの履歴からサイトを表示する「スマートアドレスバー」、ページ内検索機能の改善(検索した単語がWebページ内で強調表示される)、IE 8の検索フィールドに文字を入力し始めると、おすすめの検索語を表示する機能などがある。

 さらにIE 8には、ブラウザのセキュリティの改善や、ユーザーのプライバシーを守るための新機能なども盛り込まれた。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ