レビュー
» 2009年04月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:DNS/DHCPサービスの冗長化とコスト削減を両立した3つの事例

見落とされがちなコアネットワークサービスの冗長化。事業継続性の観点から、今CIOがなすべきこととは? (提供:インフォブロックス)

[PR/ITmedia]

 2006年夏に発生した東京湾の送電線事故を覚えている方も多いだろう。この停電事故は、コアネットワークサービスの停止が即、事業継続性の欠如を意味することを認識させた大規模停電だった。

 DNS/DHCPというコアネットワークサービスは、「あって当たり前」のサービスであるために、教科書通りの汎用サーバによる構築で済ませてしまっているケースが多い。今やコアネットワーク基盤の強化の目的は冗長化、コスト削減だけにとどまる話ではないのだ。

 野村総合研究所、コマツ、関西学院大学と、異なる事業を展開する3者がDNS/DHCPネットワークに関する種々の課題を同一の手法で解決した。その事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ