ニュース
» 2009年05月20日 20時01分 公開

HPのサーバ管理ソフトにXSSの脆弱性

HP System Management Homepageに、任意のコード実行つながる脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 HPのサーバ管理用ソフトウェア「HP System Management Homepage(SMH)」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかり、情報処理推進機構とJPCERT コーディネーションセンターが5月20日に情報を公開した。

 影響を受けるのは、SMH v3.0.1.73以前のバージョンのLinux版およびWindows Server 2003/2008版。悪用されると、認証をかわしてリモートから任意のコードを実行される可能性がある。

 HPは対象製品ごとに修正パッチを用意し、ユーザーに適用を促している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -