ニュース
» 2009年05月25日 08時02分 公開

Novell GroupWiseの更新版リリース、複数の脆弱性に対処

GroupWise WebAccessと同Internet Agent(GWIA)に深刻な脆弱性が存在する。

[ITmedia]

 米Novellはグループウェア「GroupWise」の更新版をリリースした。GroupWise WebAccessと同Internet Agent(GWIA)に存在する深刻な脆弱性に対処している。

 影響を受けるのは、GroupWise7.0〜7.03 Hot Patch(HP) 2までと、8.0〜8.0.0 HP1までのバージョン。JavaScript、スクリプティング処理、セッション管理機能、電子メール機能などに関して複数の脆弱性が存在する。

 悪用された場合、任意のコードを実行されたり、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けられたりするこほか、不正アクセスに使われる恐れがある。

 Novellは、GroupWise 7.03 HP3とGroupWise 8.0 HP2をリリースし、これら脆弱性に対処した。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

GroupWise | 脆弱性 | Novell | グループウェア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -